バナー

ディスポーザーを利用してみませんか

ディスポーザーを利用してみませんか。

アメリカでは70年の歴史があり、輸入品であっても安心安全に利用できます。

ディスポーザーはディスポーザーと呼ばれる収納庫の中にごみをいれると自動的に粉砕し、ペースト状にしてくれる仕組みです。キッチンの排水溝のところに取付をすれば、生ごみをそのまま捨てることが出来ます。
粉砕して水とともに排水溝に流しこみますので、生ごみを処理する必要がなくにおいも気にならなくなります。

処理された生ごみを乾燥させて肥料として利用するエコなリサイクルディスポーザーもあります。

あなたのご要望に応じたディスポーザーを知るならこのサイトです。

こちらのタイプもシンクをいつもきれいな状態に保つことが出来ますが、従来のディスポーザーとは異なり、水分だけを排水溝に流し込むため下水管や水質を汚す心配がなくなります。

個体のごみは乾燥させて細かく粉砕し、肥料として再利用できますし土に還るのでプランターの土として利用することもできます。



ごみの量が格段に減りますし、浄化槽タイプとは違って専門業者に処理してもらわなくてはならないというデメリットも防ぐことができます。

屋外で利用できるタイプにはバイオ菌で分解するバイオ型、水切りを自分でやってから乾燥させる乾燥型、水切りを自分でしてから地中の微生物に分解させるコンポスト型とがあります。

これらは水切りをしなければなりませんし、屋外に設置することから手間がかかります。

産経ニュースを理解するには正しい知識が必要です。

楽にできて電気代も節約できる最新型のシステムを利用するのがおすすめです。